他の研究会案内 of 韓国・朝鮮文化研究会

以下のように、研究会等のお知らせが来ておりますのでご案内いたします。

 本研究会会員より下記の研究会等のお知らせを会員の皆様に流して欲しいとのご依頼がありました。
 韓国朝鮮研究とも関連がございますので会員の皆様にお知らせいたします。詳細等につきましては、下記をご参照ください。





■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
2022年度民衆史研究会シンポジウム
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

◆大会テーマ「制限のなかの移動・移住と共生」


本大会では、2022年2月以降のロシア・ウクライナ戦争をうけて、国境を越えた人々の移動・移住や共生の問題等について、民衆史研究の立場から考察を深めることを目指しています。

シンポジウムは、下記の要領で開催いたします。

◆日時 12月18日(日)13:00~17:30

◆開催形態 オンライン(zoom)

◆参加費 無料

◆お申し込み 下記のGoogleフォームより受け付けております。

https://forms.gle/hHNoaXFNcgqtmmZM6


*お申し込み締め切り 12月17日(土)17:00

*お申し込みされた方には、開催までに報告資料およびzoomのURLをお送りいたします。


◆シンポジウム報告者

①柿沼亮介氏(早稲田大学高等学院)
「古代西海道の「辺境島嶼」と「越境」する人々」

②長森美信氏(天理大学)
「壬辰戦争における朝鮮被虜人と降倭――日本人になった朝鮮人、朝鮮人になった日本人――」

③中山大将氏(釧路公立大学)
「境界地域を問い続ける引き上げ者 工藤信彦『樺太覚書』とサハリン島近現代史」

④コメンテーター 檜皮瑞樹氏(千葉大学)

*①~③各報告につき40~50分+質疑応答10~20分、④コメント20分、その後全体討論30~40分を予定しております。

*ご不明点がございましたら、minshu.shi■gmail.com(■を@に変えてください)までお問合せください。
*民衆史研究会は、1960年に発足して以来、早稲田大学の大学院生が主体となって運営する、歴史ある学会です。
コロナ禍の影響により、3年ぶりのシンポジウム開催となります。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。