他の研究会案内 of 韓国・朝鮮文化研究会

以下のように、研究会等のお知らせが来ておりますのでご案内いたします。

 本研究会会員より下記の研究会等のお知らせを会員の皆様に流して欲しいとのご依頼がありました。
 韓国朝鮮研究とも関連がございますので会員の皆様にお知らせいたします。詳細等につきましては、下記をご参照ください。





■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
島カフェPremium 松本誠一先生を囲むZoomによる講演と懇親の集い
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

演題: 知の限界とラララン――基層的文化の日韓比較研究への小考

概要: 知識を増すほど無知の自覚が強くなる。人類に関する歴史的・地理的全体の知識は生涯をかけても得られない。イライラはララランに換えることにし、身についた日本文化と最も近くの韓(朝鮮)文化を選び、地域祭祀、他人同士の紐帯がどう結ばれるかを課題とした。農村・漁村・山村・都市・移民、地域性(雪国・島嶼)と、場所を変えて歩き、見、聞き、味わった。体系的結論のゴールには未着ながら、この時点での小考をお話ししたい。

日時: 3月27日(土)

     15:00~16:00 松本誠一先生による演題の講演

     16:00~16:30 来賓、主催者などからの感謝と祝辞

     16:30~18:00 懇親会<飲み物・食べ物は各自任意にご準備を>

会場: オンライン開催(Zoom利用)

参加申し込み: フォーム、または以下のQRコードから申し込みできます。※ 参加費無料


        締め切り: 3月20日(土)
 お申込みいただいた方には、3月26日に、参加のためのIDとPWをお知らせします。

主催: 島嶼コミュニティ学会  主管: 日韓コミュニティ比較研究会
主催者からのメッセージ

私どもが敬愛する松本誠一先生が、2020年3月31日をもって、東洋大学を定年退職されました。コロナウイルスの広まりがなければ、東洋大学を会場に最終講義が開催されたわけですが、すでに1年が経過しようとしています。このまま中止では、何とも寂しい限りです。そこで…
松本誠一先生を会長に戴く本学会が最終講義に代わる機会を設けさせていただきました。趣旨に賛同してくださる方々はどなた様も大歓迎です。どうぞ奮ってご参加ください。大勢の方々のご来場をお待ち申し上げます。



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
立命館大学東アジア平和協力研究センター(CEAPCS)・駐大阪大韓民国総領事館共催
学術シンポジウム「日韓関係とジャーナリズムの役割」
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


主催:立命館大学東アジア平和協力研究センター、駐大阪大韓民国総領事館
後援:韓国国際交流財団
協力:立命館大学コリア研究センター、立命館大学アジア・日本研究所

日時:3月18日(木)9:45 ~16:00
参加費:無料
参加方法:事前登録
対面参加とオンライン参加の2種類があります。当センターへメール送信(c-eapcs☆st.ritsumei.ac.jp  (←☆を半角のアットマークに変えて下さい))、あるいは各該当URLよりご登録下さい。

①対面参加(会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館カンファレンスホール)
新型コロナウイルス感染症対策により先着30名となります。
Eメール: 件名:「3/18対面参加希望」、本文: お名前、ご所属、メールアドレス、お電話番号
申し込みフォーム

②オンライン参加(Zoom)
Eメール: 件名:「3/18対面参加希望」、本文: お名前、ご所属、メールアドレス、お電話番号
申し込みフォーム

企画趣旨:
冷え込んだ日韓関係は、現在も改善の兆しが見えておりません。政府レベルだけでなく、言説空間においても双方の対立・嫌悪感情は深まり、問題の解決をより複雑にしています。
 本シンポジウムでは、日韓関係をめぐる言説空間の力学を分析し、現在の日韓関係においてジャーナリズムはどのような責任・役割を果たすべきかを議論します。

プログラム(敬称略/プログラムの時間は前後する可能性があります)
開会の挨拶と祝辞(09:45~10:00)
中戸祐夫(立命館大学)
呉泰奎(在大阪大韓民国総領事館総領事)

第1部 日韓報道のメカニズム (10:00~11:30)
 司会:森類臣(立命館大学)
発表者:武田肇(朝日新聞)尹雪瑛(中央日報・JTBC)堀山明子(毎日新聞)吉倫亨(ハンギョレ)
討論者:玄武岩(北海道大学)小林聡明(日本大学)

第2部 日韓報道と専門家フレーム(12:30~13:50)
 司会:文京洙(立命館大学)
発表者:浅羽祐樹(同志社大学)金恩貞(大阪市立大学)
討論者:五味洋治(東京新聞)鄭寿泳(MBC)

第3部 総合討論 (14:00~15:30)
 モデレーター:黄盛彬(立教大学)
討論者:李洪千(東京都市大学)植村隆(週刊金曜日)

閉会の挨拶:呉泰奎(在大阪大韓民国総領事館総領事)

お問い合わせ:

立命館大学東アジア平和協力研究センター(CEAPCS)
E-mail:c-eapcs☆st.ritsumei.ac.jp  (←☆を半角のアットマークに変えて下さい)
URL:http://en.ritsumei.ac.jp/research/ceapc/